【コーヒー】手動ミル&ハンドドリップをおススメする4つの理由。

 

自宅でコーヒーを飲むときにはいろいろな方法、淹れ方がありますね。
コーヒーメーカーやエスプレッソマシン、もちろんインスタントも。

 

我が家にはメリタのコーヒーメーカーカリタの電動ミルもあるのですが、ここ数年は出番なし。
ほぼしまいっぱなしです。

 

最近は専ら、豆を手動ミルで挽き、ハンドドリップで淹れています。

この記事では、最近コーヒーにハマり始めた私が、素人なりの視点で、

手動ミル&ハンドドリップをおススメする理由を書いています。

 

※豆の品種や淹れ方など、詳しいことはコーヒー通の方や、プロの方におまかせしまして、あくまでcoccha的おススメの理由として、気楽に読んでいただければ幸いです。

 

手動ミル&ハンドドリップをおススメする理由

その1:ミルで挽く作業が楽しい

電動ミルもスピーディで悪くないんですが、手動のミルで豆を挽く時の作業、もっといえば、その振動が好きなのです。振動にはリラックス効果があるのか?挽いている間はなぜか無心に、ゴリゴリゴリゴリ・・・
そのうちコーヒー豆の甘〜い香りも部屋に広がっきて、なんとも幸せな気持ちに。


その2:粉が膨らむ様子を見るのが楽しい

挽いた粉にお湯を注いでいくと、粉が蒸らされてプクーっと膨らんでいく様子。これを見るのも好きです。焙煎が新鮮なものほどふくらみやすいんですね。フォンダンショコラみたいで美味しそうです。

特にキレイに膨らんだ時は「あれ、私っていま豊かな時間を過ごしちゃってる?」的な気分にもなります。

その3:片づけが簡単

コーヒーメーカーや電動ミルは、セットすればほぼ自動でコーヒーが淹れられるので便利なんですが、

使い終わったあとの片づけ、洗い物って意外と面倒。電源が必要だし、場所も取りますしね。

その点、ハンドドリップ式ならドリッパーにサーバーだけあれば事足ります。
使い終わったフィルターはポイッと捨てればいいだけ。
私はペーパーフィルターを使っていますが、ステンレス製のフィルターを使えばさらにエコ。

Cafemioステンレス コニカル コーヒーフィルター

また一杯だけ飲みたい時はサーバーすらいらない。カップに直接入れちゃえばいいですから。

その4:やっぱり香りがいい

簡単に飲める!といえばインスタントコーヒー。これは間違いないです。
スプーンで粉をカップに入れてお湯を注ぐだけですからね。
しかし、やっぱり差が出るのは「香り」。
これは挽き立てのコーヒー豆で淹れる一杯には敵いません。
(そもそも比較する対象でもないでしょうけど・・・)

以上が、私が手動ミル&ハンドドリップをおススメする主な理由です。

忙しい人にこそハンドドリップ!

そんなわけで、普段はほぼ手動ミル&ハンドドリップ派の私。

一見手間も時間もかかりそうなイメージのあるハンドドリップですが、トータルでかかる時間はお湯を沸かす時間も含め、せいぜい10分程度。
後片付けも簡単ですし、忙しい人にこそ向いているのが、ハンドドリップなのではないでしょうか。

 

ちなみに、前述した電動ミル&コーヒーメーカーは、多めの来客があるときには活躍していますよ!

ペーパードリップでの美味しい淹れ方

なお、ペーパードリップの美味しい淹れ方については、以下の動画がおススメです。
私もこれを見て淹れ方を学びました。参考にどうぞ!