スタバと丸山珈琲 | 私がコーヒーにはまったきっかけ。

 

このブログ、「お茶に珈琲、時々おやつ」は、タイトルの通りお茶とコーヒー、

そしておやつについて語るブログです。

今のところ、記事数の比率としてはコーヒーが一番多いです。

それは、単純にコーヒーが好きだから・・・というのもありますが、

もう一つの理由は、ネタに事欠かないということ。

 

街を歩けばカフェや豆販売店がたくさんあるし、関連書籍も豊富。

つまり、記事にできることがほかのカテゴリと比べて多いから、と言えるでしょう。

 

奥が深く、勉強しがいのある分野でもあります。

コーヒーは苦手だった。

紅茶

実は私自身、昔はコーヒーより紅茶派でした。 しかも、紅茶が好きで仕方なかった・・・というよりは、
どちらか選ぶんなら紅茶で、という消去法的な理由。

なぜ私はコーヒーが苦手だったのか。

 

それは単純に、美味しいコーヒーを飲んだことがなかったからです。

 

cocchaの実家では、日常的にコーヒーを飲む習慣はありませんでした。
飲むものといえばもっぱら日本茶、たまーに紅茶。

コーヒーといえば、家にあるのはインスタントのみ。

もちろんコーヒーメーカーの使い方も知らない。そもそも家になかったし!

 

あのコーヒーを淹れるときの甘〜い香りも知らず。
ドリップ? サイフォン? 何それおいしいの? 状態。(いや美味しいよね)
何しろ、挽き豆にお湯を注げば、そのまま飲めると思ってたくらいのコーヒー素人。

 

そんなわけで、自宅ではインスタントしか飲んだ経験がなく、その頻度も極端に低かったことから、

『コーヒー=香りもなく、ただ苦いだけの飲み物』、という認識しかありませんでした。
これの何が美味しいんだろう? と。

 

なので、外食でコーヒーを頼むことはまずありませんでしたし、

訪問先でコーヒーが出されると、内心は参ったなあ・・・なんて思ったりしてました。

スタバ登場で、ちょっと意識が変化。

そんな頃、登場してきたのがスターバックスコーヒー。

日本に初上陸して、ブームになり始めた頃です。

スターバックス日本1号店(銀座松屋通り店)

 

流行りに敏感な友人に教えられて初めて飲んだのが、「カフェモカ」でした。

 

そしてその時の感想は・・・「なんだこれ!甘くて美味しい!」

 

それはそうでしょう、チョコシロップが入っていて、生クリームもたっぷり。

コーヒーというよりデザートに近い。

 

しかし、苦いだけだと思っていたコーヒーが、こんなに美味しく飲めるのは、

(かなり甘くされていたとはいえ)新鮮な驚きでした。

 

純粋なコーヒー本来の味を楽しんだとは言い難いですが、ともあれ、スタバでのこの体験が、
コーヒーに対する苦手意識を排除する、まずは大きなきっかけとなりました。

スターバックス

丸山珈琲との出会い

それから数年が経ち、コーヒーに対する苦手意識は少しずつ消えて、
カフェモカやカフェラテなどを楽しむようになってきたものの、
まだブラックで飲むまでには至りませんでした。

そんなある日、ある意外な場所で出された一杯のコーヒー。

それが私の、コーヒーに対する認識を180度変えるきっかけとなりました。

 

その意外な場所とは、「美容室」

美容院

当時私が通っていた美容室では、サービスの一環として、施術の合間に飲み物を出してくれました。
飲み物は数種類の中から選べるので、いつもは緑茶やフレーバーティを選んでいた私。

ところがその時は美容師さんのオススメもあり、コーヒーを飲んでみよう、と思ったのです。

そして、フレンチプレスと共に出されたのが、「丸山珈琲」でした

フレンチプレスで珈琲??

当時、まず最初に感じたことは、 「ん? これって紅茶を淹れる道具じゃないの?」 ということ。
喫茶店で紅茶を頼むと、ティーポットか、もしくはこのフレンチプレス器に入って
提供されることが多かったからです。

 

 

しかし、その時は知りませんでしたが、そもそもはコーヒーを淹れるための 道具だったんですね。

そして、このフレンチプレス方式が、コーヒの味が安定して入れられる、
丸山珈琲オススメの淹れ方であることも、後から知りました。

コーヒーがフルーティ!?

さて、そんなフレンチプレス方式で淹れた丸山珈琲は・・・ まず、香りが全然違いました。

甘くてフルーティなのです。

考えてみれば、コーヒー豆はもともと赤い果実なので、当然といえば当然ですが。 コーヒーの実

そして味。 さっぱりして爽やか。苦味も少なく、いやな後味がありません。

 

えー、コーヒーってブラックでもこんなに美味しいのか・・・!( д) ゚ ゚

 

美容師さんは、これは軽井沢が本店の、「丸山珈琲」のものであると教えてくれました。
丸山珈琲|軽井沢本店

 

ちなみに、この美容院で丸山珈琲を導入するようになったきっかけは、

その美容院の社長が、軽井沢で飲んだ丸山珈琲に感動し、三顧の礼ばりに何度も頼みこみ、

淹れ方の指導からきっちり受けて、ようやくOKがもらえたらしいです。

コーヒーの美味しさ、奥深さに目覚める。

こうして、意外な場所で出会った丸山珈琲のおかげで、コーヒーの美味しさにハマった私。

以来、いろんなお店でコーヒーを頼むようになりました。

 

さらには豆を購入して、自宅でも毎日のようにコーヒーを楽しむようになり、現在に至ります。


最後に

コーヒーといえば苦くて美味しくない・・・とまで思っていた私が、いくつかの経験を経てコーヒー好きになり、

ひいてはブログまで始めるようになるとは思いもしませんでしたが、人生、何がきっかけになるかわからないものです。

コーヒー道は奥深く、まだまだ入り口レベルですが、ゆっくり学んでいきたいと思っています。

 

そしてこの先も、さらなる意外な出会いがあるかもしれません。
その時は好奇心をもって大いに楽しんでいきたい、そう思っています。