あるとやっぱり便利だよ!コーヒーミル用ブラシ

ミルで豆を挽くのが好き。でも・・・

現在わが家には、手動のコーヒーミルが二つあります。
プジョー(PEUGEOT)の「ANTIQUE(アンティーク)」と、
プジョーミル
ザッセンハウス(ZASSENHAUS)の「Habana(ハバナ)」です。
ザッセンハウスハバナ
大まかに、一人分のコーヒー豆を挽く時はザッセンハウス、二人分以上の時はプジョー、と使い分けています。



ところで、豆を挽いた後には、粉をフィルターに移すわけですが、ハバナは筒型の形状をしているので、この粉を移す作業は比較的スムーズです。本体中央をはずし、下に溜まった粉をフィルターにサッと入れるだけ。
こんな感じに。
ザッセンハウスハバナ

一方でプジョーの方はというと、挽いた粉が引き出しに落ちる仕組みになっています。
こんな感じ。
プジョーミル

写真を見ると分かるように、引き出しの淵の部分に、挽いた粉が溜まりがち
また、粉が端っこに溜まってうまく取れなかったり、外にこぼれたり。そのつど指で払っても、静電気のせいで粉が変にまとわりつく始末・・・。そのおかげで、コーヒー粉のけっこうな量が無駄に。

とにかく、プジョーミルを使った時の、この粉をフィルターに移す作業がちょっとしたストレスでした。
コーヒー豆を手動ミルで挽く、その作業自体は好きなのに・・・。

ようやく手に入れた!コーヒーミル用ブラシ

そんなわけで、欲しい欲しいと思いつつ、つい購入が後回しになっていたミル用ブラシを、ようやく手に入れました!

レデッカー(REDECKER の、「コーヒエスプレッソマシーンブラシ」です。

レデッカーブラシ
本来は掃除用のブラシですが、私のような使い方(粉を入れる時に使う)を目的にしている人もきっといるはずです。
全長約21cm。持った感じは、書道の筆くらいのボリューム感でしょうか。

レデッカーブラシ
柄の部分にはオシャレな焼き印入り。
「Italian Espresso」とあるけど、エスプレッソマシン以外で使ったって、まあ別にいいでしょう。

レデッカーブラシ
ブラシ部分は豚毛。しなやかながら、コシのある毛です。

レデッカーのミル用ブラシを使ってみる!

さっそくブラシを使ってみます。
豆を挽いたあとに、フチに溜まってしまった粉も・・・
プジョーミル

レデッカーのブラシで、ササッとフィルターに落とせます。

レデッカーブラシ
隅に溜まった粉もこのように。指では届かなかった細かいところまで、掃き出すことができました。
レデッカーブラシ
結果、いつもの量の1〜1.5割くらいは多めに粉が採れた印象。(もしかして、以前に残ってた粉かも・・・?)
ともあれ、いいですね〜!粉がほとんどこぼれず、無駄にならない感じが何より嬉しいです!

レデッカーエスプレッソブラシの良い点、悪い点

そんなわけで、これまで私が感じていたプチストレスを、実にあっさり解消してくれたレデッカーのエスプレッソブラシ
良い点はもちろんですが、ちょっとここがイマイチだな・・・と思う点もあげてみます。

レデッカーブラシ・良い点

コーヒー粉がよく取れる。

コーヒー粉をよくキャッチして掃きやすい。静電気も起きないし、やっぱり専用に作られたものは使い勝手がいいですね。

持ちやすい形状。

指があたる部分に少しへこみがあり、持ちやすい形状になっています。また柄の部分も木の手触りがなめらかで、使っていて心地よいです。
レデッカーブラシ

レデッカーブラシ・悪い点

毛が抜ける!

ときどきブラシの毛が抜けて、フィルターに入ってしまうことがある。粉にまぎれてしまうほど細い毛ではないので、すぐに取り除けばいい話ですけど、ここはちょっとマイナスポイントかなと。使い込んでいくうちに、抜け毛が収まることを期待します。

でもやっぱり買って良かった!

気になる点はあるものの、今まで感じていたストレスを解消してくれた「レデッカーのエスプレッソマシーンブラシ」。

個人的には、買ってよかったです。いやむしろ、さっさと買えばよかった。
100均で同じようなものも売っているかもしれませんが、やはり専用に作られたものを手に入れて、大切に長く使っていくのもいいものです。使い込んでいくうちに味が出てくるのも楽しみ。

以上、あるとやっぱり便利!コーヒーミル用ブラシでした。