【試してみた】コーヒーにレモン。その味は?

アレンジコーヒーいろいろ

カフェラテやカプチーノ、キャラメルマキアートなどなど、世の中にはたくさんのアレンジコーヒーがあります。
ホイップクリームを乗せたウィンナーコーヒーや、ウィスキーを入れたアイリッシュコーヒーなど、都市や国の名前がつけられたコーヒーも。
それだけ、世界中でコーヒーが親しまれ、色んな形で楽しまれているという証拠でしょう。
コーヒー、なんという愛されキャラなのか!
そういえば、「アイスコーヒー」は日本発祥という説もありますね。

ともあれ、今回試してみるのは、コーヒーに「レモン」
これ、「エスプレッソ・ロマーノ」と言って、イタリアの家庭で親しまれている飲み方なんだそうな。
「紅茶にレモン」は当たり前ですが、コーヒーにレモン・・・あまり味の想像がつきませんけど、試してみましょう。

レッツトライ!

レモン

さて、イタリアで飲まれているレモンコーヒーは、「エスプレッソ・ロマーノ」という名の通りエスプレッソベースで作られています。そもそも、イタリアといえばエスプレッソですしね。

そこで、今回淹れるコーヒーもエスプレッソで・・・といきたいところですが、我が家には専用マシンがありません。
こんなマシンがあったら格好いいんですけど。

というわけで、今回は普通のコーヒーで代用することにします。

使用するコーヒー豆はこちら。

やなか珈琲の「マンデリンタワールグリーン」。

やなか珈琲

やなか珈琲

やなか珈琲店で豆を注文すると、その場で焙煎してくれるのですが、中〜深煎りをおススメされることが多いです。あまり浅煎りはおススメしていないようですね。

ミルに豆をセットして挽いていきます。
今日はプジョーのミルを使いました。

レモンコーヒー

挽き上がりの状態。

レモンコーヒー

いつも通りドリップ式でコーヒーを淹れ、レモンスライスも準備完了!

レモンコーヒー

さっそく、コーヒーに投入して飲んでみましょう!

コーヒーにレモン。そのお味は?

レモンコーヒー

香り

レモンスライスをコーヒーに入れて、一口。・・・の前に、まずレモンの香りが先に鼻に入ってきますね
コーヒーの香りって結構強いはずですが、それにレモンが負けていない。むしろ勝っちゃってる?
でもそれがイヤな感じではなくて、とっても爽やかなのです。
いいですね。嫌いじゃない。

飲んでみると、コーヒーの味の方が強いが、ほんのりレモンの酸味も感じられます。
苦みが抑えられ、酸味系のコーヒーの味に近づく感じですね。

ただ、段々とレモン味が強くなるので、適当なところでレモンは取り出した方が良さそうです。

 

レモンと言えば「紅茶」のイメージですが、このレモンコーヒー、レモンティーほど酸味が強くならないので味がマイルド。むしろこっちの方が合ってるのでは?と思うくらい、違和感はないですね。

今回は入れていませんが、砂糖を入れていただくのも美味しそうです!

柑橘類とコーヒーの相性はいい?

レモンとコーヒー。実際に試してみて、相性がとても良いことにびっくり。

と、言うことはですよ?
レモンとコーヒーがこれほど合うのなら、他の柑橘類とも相性がいいのでは?

    調べてみると、いろいろありました。
  • オレンジ・マキアート
    エスプレッソに温めたオレンジジュース、牛乳とココアペーストを混ぜたもの。
  • マーマレードコーヒー
    コーヒーにマーマレードジャムを混ぜたもの。
  • アイスコーヒーwithライム
    アイスコーヒーにライムの輪切りを添えたもの。
  • 柚子コーヒー
    柚子茶とコーヒーを混ぜたもの。

少し調べただけでこれだけ出てくるとは。やっぱり、コーヒーと柑橘類は相性がいいんですね〜。

他にもいろいろな柑橘類で試してみたら面白そう。

それにしてもアレンジコーヒー。なんとも奥が深いです!

 

以上、コーヒーにレモン、その味は?でした。

こちらの記事もどうぞ!↓