今年のバレンタインにも。第4のチョコ「ルビーチョコレート」はどこで買える?

チョコレートの新潮流!「ルビーチョコレート」

チョコレート各種
これまで、チョコレートの種類といえば、大まかにダーク(ビター)チョコレート、ミルクチョコレート、そしてホワイトチョコレートの3つでした。(ちなみに私cocchaはダーク派です。)

さて、このチョコレート3種類のうち、一番の後発組はホワイトチョコレートですが、このホワイトチョコが世に出た1930年代から実に約80年ぶりに、チョコレートの新しいフレーバーが登場しました。その名も、「ルビーチョコレート」
なんでも、「ルビーカカオ」と呼ばれる、厳選されたカカオ豆を原料として作られていて、色料や果汁パウダーなどは一切使わないにもかかわらず、鮮やかなピンク色をしているんだとか。味もベリー系で、酸味があるらしい。
知らなかったなあ〜。

ルビーチョコレート、日本で最初に発売したのは・・・

さて、ルビーチョコレートを使ったチョコを、2018年に世界に魁けて商品化し、発売したのが「キットカット」でおなじみのネスレ。ルビーチョコレートのキットカットは、銀座本店をはじめとする「キットカット ショコラトリー」の、全国8店舗で販売中。
楽天やAmazonでも購入できます。

ところで、このルビーチョコレート。80年ぶりに発表された新フレーバー!という大きなニュースのわりには、それほど周知されていなかったように思うのです。もちろん、業界人やスイーツに詳しい人界隈では話題になっていたとは思うんですけど、去年のバレンタインとか、そこまで話題になっていた記憶がない。(私だけ?)

で、よくよく調べてみると、どうや前述のネスレと、ルビーチョコレートを開発したスイスのカレボー社とで、半年程度の独占販売契約を結んでいたもよう。なので、その間は他のメーカーからルビーチョコレート商品が出ていなかったんですね〜。

2019年1月現在、ルビーチョコレートが買えるのは?

そんなわけで、晴れて(?)ネスレの独占販売契約が終了した現在(2019年1月)、キットカット以外ではどんなものがあるのか、そしてどこで買えるのか?調べてみました〜。

ユーハイム|ミルフィーユとプレッツェル

バームクーヘンでおなじみのユーハイムでは、ルビーチョコレートを使ったスイーツが2種類出ています。
こちらは「ルビーミルフィーユ」。ミルクチョコレートとルビーチョコレートコーティングの詰合わせ。
ユーハイムルビーミルフィーユ

もう一つはルビープレッツェルクッキー。プレッツェル型のクッキーを、ルビーチョコレートでコーティング。こちらもミルクチョコレートとルビーチョコレートコーティング、2種類の詰合わせです。

ユーハイムルビープレッツェル

ローソン|ルビーチョコレートのロールケーキ

ローソンロールケーキ
photo(c) Lawson
2018年9月より、全国のローソンで販売開始されている「Uchi Café プレミアム ルビーチョコレートのロールケーキ」。スポンジ生地と中央のクリーム、そして中央のプレートにルビーチョコレートを使用しているそう。全国展開しているローソンなら、手軽に手に入れられますね。
ただし、ルビーチョコレートのスイーツシリーズは、秋から冬にかけての販売で、なくなり次第終了とのことなので、見かけたら即買いしないと、なくなっちゃうかも!?

VANILLABEANS|タブレットショコラ ルビーセレクション

横浜のチョコレート専門店、バニラビーンズのタブレットショコラ。食べられる花のエディブルフラワー、ルビー(金箔つき!)、ベリーの3種入りの、なんともゴージャス&ファビュラスなセット。

 

VANILLABEANS|ポッド アソート6粒入

同じく「バニラービーンズ」の、バレンタイン限定ボンボンショコラ。ビター、ミルク、そしてルビーチョコレートを使用したPod 3種類が2粒ずつ入った、かわいいアソートセット。一口サイズで食べやすそうです。

もっとカジュアルに&手作りチョコも!

美しく作られたルビーチョコもいいけど、もっと気軽に食べてみたいなら、こちらの「割れチョコ」はどうでしょう。120g入りで送料無料。

さらに思い切って手作りに挑戦するなら、ドーンと業務用1.5kgも!これだけあれば、存分に手作りが楽しめそうです。

まとめ

以上、チョコレートのニューウェーブ、「ルビーチョコレート」を購入できるショップをご紹介しました。
今年のバレンタイン商戦では、他にもたくさんの種類のルビーチョコレートが登場しそうで、実に楽しみ。
また近年はカカオと砂糖のみで作られたビーントゥバーチョコレートなど、ユニークでおいしいチョコレートが続々登場していますし、チョコレート好きには嬉しい流れですね!