ピエール・エルメ×ダイドー「カフェ・オ・ショコラ」

 

カフェ・オ・ショコラ

フランスの人気ショコラティエ、ピエール・エルメと、ダイドーブレンドがコラボしたことで話題の「カフェ・オ・ショコラ」。1/21に全国のコンビニで発売開始されたということで、さっそく飲んでみました。

パティスリー界のピカソ「ピエール・エルメ」

ピエール・エルメは、パティスリー界のピカソと呼ばれ、日本でも最も人気の高いパティシエ・ショコラティエの一人です。特にマカロンで有名ですね。

created by Rinker
ピエール・エルメ・パリ
¥3,990 (2019/09/17 00:38:58時点 Amazon調べ-詳細)

自らの名前を使用したパティスリーショップ「PIERRE HERMÉ PARIS(ピエール・エルメ・パリ)」は、日本国内でも10店以上展開されているほどの人気ぶりですから、今回のコラボも、話題性じゅうぶん。
おのずと期待も高まります!

ピエール・エルメ氏

カフェ・オ・ショコラの味は?

カフェ・オ・ショコラのボトルは、普通のペットボトルより少し小さめサイズ。容量は 220mlです。

甘めのドリンクですから、このくらいが美味しく飲めるちょうどいい量なのかも?

カフェ・オ・ショコラ
『カカオはベースにエクアドル産を、コーヒーはエチオピア産を使用。まろやかさと華やかな方向が特徴です。ソフトにとろけるショコラと、ほんのり感じるコーヒーによる繊細で奥深い味わいをお楽しみください。
とあります。 いかにも美味しそう・・・!!

ではさっそく飲んでみます。

香り

飲む前は、ホットチョコレートのような甘い香りを想像していましたが、どちらかといえばコーヒーが強く、チョコの香りはあまりしません。

いわゆるコーヒー牛乳の味に近いかな(表現が貧困!)。ただ、コーヒーだけでなくチョコの味もちゃんと感じられ、ちょうどいい甘さです。

そして、特筆すべきは「後味のよさ」。

個人的に、一般的なコーヒー牛乳はなんとなく「喉に残る甘さ」が好きではなかったのですが、これに関しては嫌な後味の悪さがなく、さっぱりしてゴクゴク飲める味です。

「品のある甘さ」という感じでしょうか。さすが、天下のピエール・エルメとのコラボ商品です。

冷蔵としての商品ですが、温めてのんでも美味しそう!と思ったら、温めないでくださいとの注意書きが。冷蔵用の仕様のため、温めると品質が変わってしまう恐れがあるそうで・・・な〜んだ、残念。

まとめ 〜カフェ・オ・ショコラは「買い」か?〜

カフェ・オ・ショコラは、上品な甘さでありながら、予想以上にさっぱりとした後味。それでいて、まろやかなチョコレートの味も感じられるドリンクでした。

個人的には量が控えめなところが、ちょうど飲みきれるボリュームで好印象。それも含めて、またリピートしたいですね。

ひとつ難点をあげるとすると、「扱っているところが少ない」ということ。

実はこのカフェ・オ・ショコラ、手に入れるのにちょっとだけ苦労しました。自宅近くや、出かけた先のセブンイレブンやローソンでは、いくら探しても置いてなかったのです。たまたまなのか、そもそも取り扱いしてないのかは不明ですが・・・。

結局、自宅から少し離れたところにあるファミリーマートで見つけることができましたが、意外に扱っているところが少ないようなので、見かけたら迷わずゲットすることをおすすめします!

 

以上、 ピエール・エルメ×ダイドー「カフェ・オ・ショコラ」でした。